[自由が丘]-チャネリング・タロット占い鑑定

5-2.展開法の説明 ~タロットカード占い講座 入門~

タロットカード占い講座

 

5-2.展開法の説明 ~タロットカード占い講座 入門~

 

展開法の選定
相談内容を明文化できたその次には、相談内容に相応した展開法を選ぶ作業になります。

まず、タロットカード占いには、展開法(Spread)というものがあります。

展開法には、カード1枚だけ展開して占う方法もあれば、2枚展開して占う方法もあります。
多いものでは、10枚~13枚等で占う方法もあり、展開するカードの枚数が多ければ多いほど、様々な状況や心境、そして未来、解決法などを占うことができます。

この講座では「ケルト十字展開法」という10枚のカードで占う展開法を説明いたします。
「ケルト十字展開法」
「ケルト十字展開法」で、分かることは以下の4つ。

  1. 「彼を取り巻く環境・現状」2nd_linkout.png
  2. 「元彼の言動の深層真意を知りたい」という問題2nd_linkout.png
  3. 「彼の未来」と「二人の未来」「最終結末」を予測2nd_linkout.png
  4. 「問題・障壁を回避し、より良い未来を呼び起こす解決方法」2nd_linkout.png

これらの4つの聞きたいことは、ケルト十字展開法の定義された配置に展開されるカードの絵柄から読み取っていきます。

前項5-1.タロットカード占いの流れで定義した知りたいことの問題定義①②③も、この4つをリーディングすることで解明できることでしょう。

問題定義①「元彼の言動の深層真意を知りたい」
→2.「元彼の言動の深層真意を知りたい」という問題2nd_linkout.png

問題定義②「今後の未来について予想や展開の可能性を知りたい」
→3.「彼の未来」と「二人の未来」「最終結末」を予測2nd_linkout.png

問題定義③「元彼の現状を知りたい」
→1.「彼を取り巻く環境・現状」2nd_linkout.png


だからこそ、ケルト十字展開法を選定して占う訳です。

では、各位置に展開されたカードの絵柄を見ていきましょうか。
はじめは、定義された位置と展開されたカードの意味だけでリーディングしていけば良いと思います。



1.「彼を取り巻く環境・現状」
タロットカードを図のように展開します。(展開するまでのカードのシャッフルは別の説で説明します。)

展開した以下の赤いカードが、元彼の取り巻く環境や現状を現わすカードになります。
①の位置が正に今(ing)の状況や心境で、⑥の位置は今というより包括的なライフスタイル全体においての環境や、前後数カ月、今シーズンといったある程度の期間でみた場合の状況・環境と捉えると良いと思います。

ケルト十字



2.「元彼の言動の深層真意を知りたい」という問題
展開した以下の赤いカードが、元彼の深層真意を現わすカードになります。

ケルト十字



3.「彼の未来」と「二人の未来」を予測
展開した以下の赤いカードが、元彼の行動や二人の未来・結末を現わすカードになります。
場合によっては、青いカードの「可能性や課題」といった位置も、「彼の可能性」や「課題をクリアすればもしかして?」といったポテンシャルを現わす位置になるため「予測」というリーディングができるでしょう。
展開された配置に応じて、カードの意味を解釈していくことがポイントです。

ケルト十字



4.「問題・障壁を回避し、より良い未来を呼び起こす解決方法」
展開した以下の赤いカード★が、対策や解決方法を見いだす「★キーポイントカード」になります。

問題と現状が判明しても、それをどう切り抜けるか、対策や解決方法を知らないことにはより良い未来を切り開けません。
問題を対策や解決方法を見出すには、「★キーポイントカード」を見ていきます。

「★キーポイントカード」を、どうリーディングするかで、悩み事が解決するのかうやむやで終わるのか決まってきます。
また、「★キーポイントカード」が示すメッセージ、受け取るインスピレーション、その深さ、繊細さ、それらを受け取るセンスと腕にかかってくるものと言えます。

ケルト十字

いかがですか?知るべき問題定義の、

問題定義①「元彼の言動の深層真意を知りたい」
問題定義②「今後の未来について予想や展開の可能性を知りたい」
問題定義③「元彼の現状を知りたい」

の3点については、ケルト十字展開法ですべて解明できたかと思います。

「ケルト十字展開法」のメリット
このように、「ケルト十字展開法」は人の深層心理や気持ちの変化、取り巻く環境から人間関係まで、多角的にリーディングが可能は展開法と言えます。

はじめは、複数のカードの意味を解釈するのに精いっぱいにはなりますが、展開された絵柄をノートに書き留め、更にカードの意味を書き出していくと、徐々に本筋が見えてきます。
一度解釈した結果を、また1週間後にリーディングし直してみると、さらに深く解釈できることもあります。

お相手の気持ちが手に取るように分かるまで、何度でもリーディングしてみると良い練習になるでしょう。

「ケルト十字展開法」の他にもタロットカードの展開法はまだまだ沢山あります。どんな悩みか質問かで、相応した展開法を選定することが肝になります。
詳しくは「7.展開法の選定 ~タロットカード占い講座 ベーシック(初心者向け)~」2nd_linkout.pngでいくつか展開法をご紹介していますので、ご覧ください。

 


 

 

タロットリーディングのケーススタディについて、もっと詳しく学びたい方は、当鑑定のオンライン講座やワークショップをご用意しております。
Today's Schedule
2018.10.20 Saturday




友だち追加