[自由が丘]-チャネリング・タロット占い鑑定

5-5.関連するカードを紐付ける ~タロットカード占い講座 入門~

タロットカード占い講座

 

5-5.関連するカードを紐付ける ~タロットカード占い講座 入門~

 

前ページ「4.各カードが持つ意味を展開表から抽出し、ノートに書き出す」2nd_linkout.pngの続きになります。

今度は、関連付いたカード同士や展開位置を線で結んでいきます。

以下の動画で、関連するカードの紐づけをかんたんに説明しております。


関連するカード同士を紐づけ
関連するカード同士を調べるには、 こちらの『深海月メソッド 大アルカナ・小アルカナ解読表深読み版PDF』を使います。


この『深海月メソッド 大アルカナ・小アルカナ解読表深読み版PDF』には、各カードの意味・メッセージの他に、 関連したり強調したりするカードも記載されています。

まずは、『深海月メソッド 大アルカナ・小アルカナ解読表深読み版PDF』を使って、関連するカード同士を、線で結んでいきます。
書き出しノートは、このような感じになります。

DSC_1014.jpg



大アルカナ・小アルカナの正位置・逆位置を区別し、相互関係を把握する
次に、 展開されている 大アルカナ、小アルカナの 正位置、逆位置を区別し、相互関係を把握 していきます。

条件や判断基準はこちらの通り。


*条件1

大アルカナ≧小アルカナ

大アルカナは、小アルカナよりも重点が置かれ、優先されるカード、という定義です。




これに加え、


*条件2

正位置Positive≧逆位置Negative

正位置は、逆位置よりPositive、という定義です。




以上のことから、それぞれの優先順位とパワーバランスと包括して定義すると、


*条件1・2を包括すると

大アルカナ正位置≧小アルカナ正位置≧小アルカナ逆位置≧大アルカナ逆位置

分かりやすく表現すると、

大吉≧中吉≧凶≧大凶

のような相互関係です。


このように、大アルカナがあることで、大まかな要点や大筋が見えてきますし、 小アルカナがあることで、より、微妙な匙加減がリーディングできる、ということ。

こういった相互関係を軸に、 各配置の意味とメッセージをリーディングしてみましょう。

 




 

 

 

Today's Schedule
2019.12.11 Wednesday


友だち追加

Youtube