[自由が丘]-チャネリング・タロット占い鑑定

14.大小アルカナ78枚深読みリーディングテクニック ~タロットリーディング マスター(上級者向け)

タロットカード占い講座

 

14.大小アルカナ78枚深読みリーディングテクニック ~タロットリーディング マスター(上級者向け)
タロットカード占い講座 アドバンス(中級者向け)では、「12.悩みに応じた基本的なリーディング方法の説明」2nd_linkout.pngを説明しました。
マスター(上級者向け)では、大アルカナと小アルカナ、78枚全てのカードを使って、多角的に、より深く、リーディングする方法とポイントを学んでいきます。

では、大アルカナと小アルカナを駆使して、どうリーディングしていけば良いのか、詳しく説明してまいりましょう。



大アルカナと小アルカナの役割・区分
大アルカナと小アルカナについては、タロットカード占い講座 ベーシックとアドバンスで説明いたしました。

6.大アルカナ22枚の説明(解読表) ~タロットカード占い講座 ベーシック(初心者向け)~2nd_linkout.png
10.小アルカナ56枚の説明(解読表) ~タロットカード占い講座 アドバンス(中級者向け)~2nd_linkout.png

大アルカナと小アルカナを、体系的にまとめると以下のようになります。

tenkai11.jpg

このように、大アルカナと、小アルカナには、それぞれ個別にモノやコトを言い現わす役割と区分があります。
これらの役割と区分を理解することが、悩みを多角的にリーディングするポイントになります。

また、深いリーディングとしては、類似した意味を持つカードが複数展開された場合に、そこに焦点をあて、カード同士の関連性や干渉するような事象を予想したり予測したり、 可能性の秘めることは、とことん想い浮かべてリーディングすることが重要なポイントです。

  • なぜ、しかるべき配置に的を得たカードが展開したのか追求してみる。 
  • なぜ、類似したカードが展開されたのかを追求してみる。

では、実際どのような追求の仕方になるのか、具体例をあげてみて参りましょう。

 

具体例①「なぜ、しかるべき配置に的を得たカードが展開したのか追求してみる~」
スリーカード展開法で具体例を見ていきます。

相談内容としては、シンプルに「仕事運」。
過去、現在、未来、の配置に、以下のカードが展開されたとします。

①過去・・・大アルカナ>吊られた男;正位置
②現在・・・小アルカナ>ワンドの6;正位置
③未来・・・小アルカナ>ソードのナイト;正位置
tenkai13.jpg

リーディングの見本としては、

「これまでは、辛い仕事が続き、耐え忍ばれていた状況であったが、
 現在は大分メドが立ち、周りからの評価ももらえるようになった。
 今後については、いっそう飛躍の活躍が期待できそうだ。

 このことから、これまでの辛い環境下は、人生の分岐点だったとも言えるだろう。」

過去に展開された「大アルカナ:吊るされた男」が、過去の状況を現わすだけでなく、 人生の大きな節目(ターニングポイント)であることも、示されていると解けるのです。

また、大アルカナの方が、よりインパクトの強い事象を現わし、
小アルカナは、より繊細に事情を現わすような感覚でリーディングすると、文章化し易くなると思います。

このように、現在・未来よりも、過去の事象の方がより人生においての大きな節目(ターニングポイント)であったことが事実にあり、それ故、過去の配置に、大アルカナ「吊るされた男;正位置」といったしかるべきカードが展開されたと、見て取れるでしょう。

 

 

具体例②「なぜ、類似したカードが展開されたのかを追求してみる~」
ケルト十字展開法で具体例を見ていきます。

相談内容としては、「相手の気持ち」。
②顕在意識、③潜在意識の配置に、以下のカードが展開されたとします。

②顕在意識・・・カップのエース;正位置
③潜在意識・・・星;正位置
tenkai12.jpg


リーディングの見本としては、

「顕在意識では、恋の始まり・成就を実感した喜びの気持ちが、現状の態度として現れ、
 また、潜在意識にある内心においても、これからもっと歩み寄れる関係に希望を持っている、と言えるだろう。」

顕在意識も潜在意識も類似した意味を持つカードが展開されたことから、表面的にも内面的にも、表裏の無い素直な喜びと、解けると思います。
逆に、顕在意識と潜在意識に展開されたカードが、相反する意味のカードが出た場合は、裏表あり、本音と建前のある態度で現れることでしょう。

このように、展開されるカードが、類似していたり、相反していたり、あるいは大アルカナであったり、小アルカナであったりで、「なぜ、その配置にそのカードが展開されているのかを解いていく」と、多角的により深くリーディングすることができると思います。

また、この具体例では、分かり易く説明するために、全て正位置での展開位置にしていますが、実際には、逆位置に展開する場合もあります。
その場合は、更に逆位置の意味を拾ってリーディングするため、より多角的で多層化したリーディングが必要になります。

一度にリーディングしようとすると、色んな思考と視点が散漫してしまい纏まりづらくなりますから、部分部分読み解くことがポイントです。

 

 


以下の「タロットカードの意味解読表PDF」には、カードの意味の説明に加え、関連するカードもご紹介していますので、深いリーディングが可能になります。
ぜひご覧ください。


▼タロットカードの意味解読表はこちら
【PDF】タロットカード意味 大アルカナ22枚(解読表) icon_pdf.png
【PDF】タロットカード意味 小アルカナ56枚(解読表) icon_pdf.png



 


 

 

タロットリーディングのケーススタディについて、もっと詳しく学びたい方は、当鑑定のオンライン講座やワークショップをご用意しております。
Today's Schedule
2018.12.16 Sunday




友だち追加